らぶこすめ

コスメ一筋〇〇年の永遠の二十歳が送るちゃらんぽらんレビュー

もし、コーヒーがこの世の中になかったら、考えただけでぞっとします。コーヒーのない人生は考えられません

<コーヒーが大好きです>

私が初めてコーヒーを飲んだのはいつのことだったでしょうか。最初のコーヒーは小学校の時に家で飲んだインスタントコーヒーでした。お砂糖もミルクも入れた甘くて暖かい飲み物でとてもおいしかったのを覚えています。

時々、母と喫茶店に行くこともありました。私と弟はプリンやパフェを食べていましたが、母はコーヒーを飲んでいて、大人だなぁと憧れていました。

高校生まではなかなか喫茶店でコーヒーを飲むことはありませんでしたが、大学になってアルバイトをするようになって、自由な時間と多少のお小遣いで喫茶店へ行くことも増えました。

喫茶店のコーヒーは家で飲むインスタントコーヒーとは全然別の深い味わいがあって、大人になった気分を味わいました。

喫茶店のコーヒーがおいしいので、豆を買ってきて、自分でペーパードリップでいれたこともありましたが、

どうもうまくできません。何度やっても納得のいく味になりません。

そのため、今はすっかりコーヒーメーカー任せになってしまっています。

コーヒー大好きで、旅行や街歩きで行く先々でおいしいコーヒー屋さんをめぐるのが好きですが

実はちっともコーヒーに詳しくなりませんし、自分の好みも分かっていないことに気がつきました。

家の近くで、おいしいと評判のカフェに行ってみたところ、そこは豆の選べるお店でした。

7,8種類あったでしょうか。選び切れずに迷っているとマスターが深煎りのコーヒーを勧めてきました。

確かに、浅煎りのコーヒーはあまり好きではありませんでした。

勧められたコーヒーを飲んでみると、ドンピシャでした。

深煎りで、大地を思わせるようなどっしりとした味わい。砂糖とミルクを入れても、受け止める大きさがあります。

私の求めていたコーヒーはこれだと思いました。

そのカフェのマスターは、植物や天文などの理科が得意で写真家をしながらカフェをやっている方でした。

つまりは、観察力が並外れている訳で、初めて訪れた私の好みを推測することが出来たのです。脱帽。

コーヒーと合わせるものでマリアージュが生まれると思っています。

パンもスイーツもおいしいコーヒーと一緒に味わうとさらにおいしくなります。

朝はコーヒーを飲まないと目が覚めませんし、一日をスタートさせることが出来ません。

仕事が終わった後、食事の後もコーヒーがないと、終わった気持ちになりません。

そのため、どこへ行くにもコーヒーを持って行きます。旅行の時は携帯用を持って行きます。