らぶこすめ

コスメ一筋〇〇年の永遠の二十歳が送るちゃらんぽらんレビュー

池袋西口ラーメン、女性ライターによるオススメ店!

最近、ラーメン女子が増えてきていると感じていますが、まだまだ一人ラーメンに抵抗がある方はいらっしゃるのではないでしょうか?

筆者も以前は職場の先輩やお友達としか暖簾をくぐることがありませんでした。でも、「一人で気ままにラーメンを食べにいきたいなあ」と思い一人ラーメンを決行してからは、色々なラーメン屋さんでゆっくり自分の時間を過ごしています。店舗によって様々な特色があり、たくさんの発見がありますよ。

そこで、今回は女性が一人でも入りやすく、尚且つちょっと変わった仕掛けがあるラーメンを紹介していきます!

舞台はラーメン激戦区、池袋西口!そんなたくさんのラーメン屋さんの中から、筆者がオススメするお店を5店に絞ってお届けしたいと思います。

最後まで飲んでも罪悪感なし!鶏白湯レモンラーメン<鶏そば 壽(ことぶき)>

www.youtube.com

池袋西口を出てドーナツ屋の横の小道を入ると、なにやら隠れ家的な飲食店が立ち並ぶ通りにぶつかります。そこにひっそり佇んでいる壽(ことぶき)の暖簾をくぐると、綺麗で明るい店内で店員さんが迎えてくれます。

女性のお客様も多いそうで、一番人気の「鶏そば壽(780円)」はあっさりスープかこってりスープか選べるのも魅力的。

でもここで筆者がオススメしたいのが、インパクト大なこのラーメン、 「レモンラーメン(880円)」です!

福岡には豚骨ラーメンにレモンを入れる文化があるらしく、それを鶏白湯スープで応用したら美味しかったので採用したとのことでした。 こちらもあっさりスープかこってりスープか選べます。どちらもそれぞれグッとくるポイントがあるのですが、筆者はいつもあっさりスープにしています。というのも筆者は、麺を食べ終わってからスープを飲み干したい派の人間なので、あっさりスープだとレモンの爽やかな酸味も加わりごくごく飲めてしまうという理由です。

レモンは基本的にはスープに浸って出てきますが、ラーメンを食べ、レモンをすすり、ラーメンを食べる。というのも至福のひと時だなあと感じます。

このお店はカウンターのみの11席となっているので、一人で食べに来られている方がすごく多いです。

店舗情報

お問合せ 0359580180 アクセス JR、私鉄、東京メトロ各線「池袋」駅、西口から徒歩1分 住所   東京都豊島区西池袋1−18−1五光ビル1F 営業時間 11:30〜22:30 日曜営業 定休日  不定休 完全禁煙、駐車場無、予約不可 URL   https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13170373/

真夏に食べる激辛ラーメンもイイ!コンニャク麺でヘルシーなラーメン<辛麺屋 一輪(いちりん)>

www.youtube.com

池袋西口の繁華街の片隅に佇むこのお店。ガラス張りの窓からは、綺麗な店内と瓶詰めの唐辛子の数々! 宮崎県発祥の「辛麺」、東京での認知度は低く(筆者も一輪を見つけるまでしりませんでした・・・)辛麺の世界進出を目標に今回、東京にお店を作ったそうです。

入り口の前に券売機があるので、食べたいものを確認してから入るのもよしですね。 メニューはいたってシンプルで、 辛麺(850円) トマト辛麺(900円) パクチー辛麺(990円) の3種となっております。

チーズやワカメ、韓国海苔などのトッピングもオススメだそうです。

ニンニクのパンチが効いたピリ辛かき卵スープに、中華麺はもちろん、うどんやコンニャク麺とも相性が良いのです! 麺は席についてから店員さんが聞いてくれます。上記の3種から選べて、さらに残ったスープに白米を入れてクッパ風にもできます。

筆者は全て試してみましたが、今はコンニャク麺に落ち着いています。 変わった形状のコンニャク麺が玉子やスープに絡み、さっぱり食べれます。

そして一番の目玉は「辛さ」ですよね! 一輪は辛さを選ぶことができます。 辛さ0〜5は無料で選ぶことができ、そこから5段階で50円ずつ上がっていきます。 辛さ25以上はマグマという最終形態になるようです。(このマグマをクリアできると”とんでもねぇ”というラスボスに挑戦できるという噂も・・・笑)

食べた後も、スープの底に「当たり」と書いてあると一杯無料など、遊び心満載なお店で心もお腹も満たされます。

店舗情報

お問合せ 0369126539 アクセス JR、私鉄、東京メトロ各線「池袋」駅、西口から徒歩4分 住所   東京都豊島区西池袋1−40−1大昇ビル1F 営業時間 12:00〜翌4:00 (L.O.3:30) 定休日  不定休 完全禁煙、駐車場無、予約不可 URL   http://ichirin.jp

吹き抜ける南国の風!新感覚なハワイ風ラーメン<麺屋 Hulu-lu(ふるる)>

www.youtube.com

繁華街をすぎて劇場通りを渡ると、おしゃれなイタリアンや通な中華屋が立ち並ぶ区域に入ります。 そこの角にあるのは、可愛らしい店構えのHulu-luです。 煉瓦造り風の外装で、入り口をくぐれば明るくて開放的で、まるでハワイアンカフェのような内装で気分もウキウキしてきます。 外装も内装もBGMもハワイ一色!どうやらここのオーナーさんがハワイ大好きな方だかららしいですね〜。

それからHulu-luはメニューもこれまた一風変わってまして、ここでの人気は「塩SOBA スパムセット(980円)」といって、ラーメンにスパムおにぎりがついているセットになっています。 筆者はスパムおにぎりというものをあまり食べた事がなかったので、一口目の衝撃はものすごいものでした。他のお店のスパムおにぎりと違って、スパムの下に紫蘇とこんぶが敷かれてて程よいアクセントになっていて、とっても美味しいのです!

前菜的な感じで食前にスパムおにぎりが出てくるので、その後ラーメンが食べられなくならないようにゆっくり食べたほうが良いです。(筆者はスパムおにぎりが美味しすぎて一気にお腹に入れてしまってめちゃめちゃ後悔しました笑)

その他メニューもつけ麺や季節限定のものなど、その時々でバラエティ豊かに揃っています。

オススメの塩SOBAは、優しいスープの細麺で、器の中はなんと左右で味が違う!まずは味の違いを試してみてから麺と絡ませて食べて欲しいですね。

上記で『優しいスープ』と書きましたが、鶏ガラベースの中に少しだけ柚子っぽい味がしたり、さりげない旨味が満載のスープです。透き通るようなあっさりスープで、ラーメンの上にカイワレやメンマ、焼豚などがこんもり乗っているので、そちらと一緒に食べてもらうと本当に良い塩梅です。

それからここはサイドメニューにも人気の秘密があります。サイドメニューの「水餃子(460円)」は餡がたっぷりで皮もモチモチでツルツルでとっても食べ応えがあります。スープも優しい塩スープであらびき胡椒とカイワレの辛さがアクセントになっています。

!注意!金曜日はつけ麺のみの営業となるのでご注意くださいね。

店舗情報

お問合せ 05058724667 アクセス JR、私鉄、東京メトロ各線「池袋」駅、西口から徒歩10分 住所   東京都豊島区池袋2−60−7 営業時間 《月水木金土》11:30〜15:00 18:00〜21:00      《日・祝》11:30〜15:30 定休日  火曜日 完全禁煙、駐車場無、予約不可 URL   http://www.hulu-lu.com

見た目とのギャップがGOOD!シンプルなスープにはしっかりとした秋刀魚ダシ<生粋(きっすい)>

www.youtube.com

西口の華やかな大通りからちょっと小道に入ると角に見える堂々とした店構えの生粋。

お昼時は近くの会社に勤務しているサラリーマンたちで溢れかえりますが、ちょっと時間が過ぎると一人で来られている女性の方も多くなってきて、のんびりとラーメンを食べる幸せな時間が過ごせます。

生粋では、スープに秋刀魚の塩焼きのダシがふんだんに使われている”秋刀魚だし”が売りのお店なので、暖簾にも”さんま”の文字が!

店内に入ると、ふわっと充満する秋刀魚の香りが。まるでおしゃれなカフェのような店内とのギャップが感じられます。

そして入ってすぐ右側の券売機では、各メニューに★★★の数で秋刀魚ダシの味の濃さを教えてくれています。塩が★★で醤油が★★★★だったので筆者は「醤油(720円)」にしました。

待ってる間に店内を見渡してみましたが、さすが有名店。壁には20枚弱の著名人のサイン色紙が飾ってありました。

そしてお待ちかねのラーメンが出てきたと同時にものすごい香ばしい秋刀魚の香りが!笑 スープは口に含んだ瞬間はすごく懐かしい昔風の醤油味でしたが、追いかけてくる秋刀魚の旨味がこれをすごく新感覚なラーメンにさせました。 かといってダシがしつこ過ぎる訳でもないので、スープも飲みやすく、ノスタルジーな味わいでとっても満たされますよ!

あと、これはオマケですが、「隣のお客様への配慮として、お席で鼻をかむのは禁止です。」という注意書きがなんだか新しいなあと思いました笑(出入り口にティッシュは用意してくれています)

店舗情報

お問合せ 0359502088 アクセス JR、私鉄、東京メトロ各線「池袋」駅、西口から徒歩3分 住所   東京都豊島区池袋2−12−1大晃第二ビル1F 営業時間 《月水木金土》11:30〜15:00 18:00〜22:30      《日・祝》11:30〜15:00 17:30〜21:00 定休日  火曜日 駐車場無、予約不可 URL   https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13005588/

池袋でも安定のあっさりつけ麺!食後のスープ割も幸せの味<つけ麺屋 やすべえ 西池袋店>

今では有名店のやすべえ、実は西池袋にも店舗があるんです。居酒屋などが立ち並ぶ通りにあるため、よく締めのつけ麺を食べにいきます。

西池袋店は、比較的新しい店舗なので、店内がすごく綺麗でおしゃれな印象です。ガラス扉ですが、入って右側は外から死角となっているので一人でも過ごしやすい構造ですよ!

そもそもここの「つけ麺(780円)」は、魚のダシなので他のつけ麺屋さんよりあっさりとしているスープが売りです。 なので女性でもするする食べられますし、それでも多いという方の為に小盛があるので、気軽に行きやすいんですよね〜! 小盛には普通有料のトッピングが無料でつくので、筆者はよく小盛を頼んで水餃子をつけてもらいますよ。他には野菜や味玉などがあってどれか一つを無料でトッピングしてくれますよ。

スタンダードな醤油ダレのつけ麺も美味しいのですが、筆者がオススメしたいのは辛味ダブルをトッピングしたつけ麺です! 辛味とは、”丸二日かけて仕込んだ自家製ラー油”のことで、やすべえでは辛味を無料でトッピングしてもらえます。そこに卓上に常備してくれている”刻みタマネギ”を加えることによって、辛味と甘みが絶妙なバランスとなり、麺に絡みやすくなります。

そんなサービス精神が旺盛なやすべえ。あつもりなどもしてくれますが、筆者が大好きなのが”食後のスープ割”です。

このスープ、本当にコクが深くてホッとする味なんです。そのままでも何杯でも行けてしまうくらいなのですが、つけ汁に加えると最後までスープを楽しむことができます。

店舗情報

お問合せ 05055926303 アクセス JR、私鉄、東京メトロ各線「池袋」駅、西口から徒歩3分 住所   東京都豊島区西池袋1−38−3 営業時間 《月〜土》11:00〜翌4:00      《日曜日》11:00〜24:00 定休日  なし 完全禁煙、駐車場無、予約不可 URL   http://www.yasubee.com

最後に、ここまで様々な特色があるラーメン屋さんを紹介してきましたが、行ってみたくなったところはありましたか?

池袋西口にはここでは紹介しきれなかったいいお店がまだまだたくさんあります!

どんなラーメン屋でも、女性の一人来店を禁止しているところなんて絶対にないので、是非一人でのんびりご飯を楽しめるお店を見つけて欲しいなと思います。