池袋ランチ

池袋ネタをひたすら語ります

買い物袋を使い分けて普段利用したりゴミ袋に使ったりするのが日常のメリットが大きいです

買い物袋は今どこでももらえないと思うのが一般的です。

しかしよく探すともらえるところがしっかりあります。

それはどこかというと、まずコンビニ、次にドラッグストアです。

コンビニでは必ずもらえるし、もらえなくても話せば絶対にもらえます。

ドラッグストアの場合確実にもらえるときがあります。

ドラッグストアで袋を確実にくれるときというのは生理ナプキンを買ったときです。

生理ナプキンを入れてくれる袋というのは色がついており、紙袋もしくはビニール袋が殆どです。

色付きの袋は、自宅の生理ナプキンをどこかのお出かけするときに持ってく場合や、汚れた恥ずかしいパンツを入れるときに便利です。

透明な袋の場合外から見られてどこにも持っていけないと思いがちですが、色がついている袋なら安心です。

もちろんドラッグストアやコンビニでは透明な袋もくれます。

透明な袋はどこに使うかというと、まずゴミを出す日に指定のゴミ袋が決まっていない場合、使うことが出来ます。

今ゴミ袋はないけれど、ゴミを分別する数はとても多いと思います。

この場合大きな買い物袋を指定のゴミ袋に使い、どこかに出かけたときゴミ箱がないときに小さな透明な袋を使いながら持ち帰ることも出来ます。

袋の活用は上手に使えばいろいろ使えて便利です。

買い物袋はお金払わないとくれないところもありますが、実際にお金を払わなくてもくれるところがあります。

これを上手に活用することで買い物袋の使い方の幅も広がってきます。

ただむやみに買い物したりするだけではなく、買い物袋をくれるところで大きな買い物をすれば大きい買い物袋をくれるし、小さい買い物をすれば小さい買い物袋をくれます。

生理ナプキンもまとめて買ったりするのではなく、こまめに買うと次のときまた色付きの買い物袋をくれたりします。

今は女性の心理を配慮してくれるドラッグストアも沢山あります。

買い物袋は使い方次第で変わります。

学校に何か調理実習で持って行ったり、何か汚れがつくものを持っていく場合、この買い物袋を貯めておくとかなり便利になります。

学校の調理自習、空き缶集め、リサイクル、課外授業に必要なもの、遠足に出かけたとき、いろいろあります。

大人の場合は遠くの生理ナプキンやパンツを入れる袋に使えます。

他にもジュースを沢山飲んだけれど捨てる場所もなかったり、持ち帰らなければいけない場合、袋があると車などにも汚れがつかないし、安心することが出来ます。