ひろこの雑記帳

脱毛ブログにしようと思ったけどあまりにネタがないので雑記帳にしますごめんなさい

ウォーキングを始めてから結局ランニングを始めてしまってやめられなくなってしまった私。

<きっかけは、足のリハビリ>

最初、散歩を始めてしめようとしたのは、交通事故に遭い、左足を骨折して、そのために入院したのですが、足のリハビリの一つとして歩くということを理学療法士の人に薦められました。退院してからなぜか、無心になって散歩を毎日1時間位、同じ時間帯に始めました。左と右との筋肉の付き方からくる違和感からどうしても変な歩き方になるものですから、早く普通の人のように歩けるようになりたいとの一心から、続けました。

<無心になって何も考えず、どんなに熱くなろうが、雨が降ろうが止めない自分>

なぜか知れないのですが、それが毎日の習慣になってしまったのか、どんなに雨が強く降ろうが、どんなに気温が38度前後になろうが、その決まった時間に散歩に行く事を止めませんでした。好きな事を見つけてしまったという実感からなのかそれまでは、運動する事特に、歩いたり走ったりが、大嫌いでした。それが、早く、普通の人のように歩けるように成りたいまたは、走れるようになりたいとの気持ちから、歩き方の姿勢や重心のかけた方などを考えたりもしました。

<一年間続けてみて>

結局1年間、続けました。本当に私は、あまり小さい時から運動が嫌いでした。しかし、1年間続けてみて、回りの励ましもあり少し、走れるようになる所までいくようになりました。。そのようななんというか結果が出る事がうれしかったんだと思います。少しづつ道具といっても靴にはまる様になってきました。ランニングシューズのクッションの具合やどれぐらいの大きさのものを買ったらいいかなどです。

<走れるようになって>

本格的に走れるようになってきました。普通だったら、歩けるようになった時点でやめるのですが、無心になって一つの事をやるということと体の調子がよく気持が高揚するような感覚が良くなってきてなにより食欲が増すという事が起きたからです。運動公園まで行ってきちんとしたコースで走るようになりました。知り合いもだんだん増えていって道具も走るためのウェアーや特にランニングシューズにはまるようになりました。というのも走っている時に爪を引っ掛けたりしてはがさなければならないような怪我をするようになったからです。また、毎日1時間位のランニングをすることが日課となってしまい雨が降ろうとやらないと体の調子が悪くなるうような感じがして気持が悪いというかそんな感じで毎日、ランニングをしないとすまないようになってしまいました。