ひろこの雑記帳

脱毛ブログにしようと思ったけどあまりにネタがないので雑記帳にしますごめんなさい

スマホで撮影した写真をフォトショップやLrの加工アプリを使用して加工するのにハマっています!

<撮影した写真はいつもすぐに消していた!>

スマホで写真を撮影することはそれまでも好きで、春には桜やチューリップ、夏にはひまわりや花火など友人と日帰り旅行をした際はパシャパシャ撮影していました。しかし、撮ることだけに満足を感じていた私は実は撮ってしばらくすると「さよなら」と消していたのでした。

<きっかけは友人の一言>

そんな私がなぜ、写真の加工アプリにハマってしまったかというと、それは大学時代の友人の本当に簡単な言葉だったのです。大学時代の友人であるその子から、久しぶりに連絡をもらったのは今年の春先でした。その子はいま、オーストラリアの地に留学をしに行っています。初めての海外、初めて地元を離れたというその子は、ただ一言「さみしい」と言うのです。

実は私自身は大学2度目ということもあり、その子より年が上なのです。学科の友人の前では何があっても強がって明るい素振りを見せるその子も、当時から私の家に来ては悩みがあると直接話さないまでも、何かを聞いて欲しい、そんな様子を見せるのでした。

そんな性格のその子が言う直接の「さみしい」の一言がきっかけで、私はその子が言うSNSのツールを使って、写真を撮り載せることにしたのです。

<「Adobe Photoshop Express」と「Adobe Photoshop Lightroom cc」との出会い>

ちょうど桜の時期ということもあって、桜の写真を何枚か撮影。さて、いざ載せようかと写真を見返した瞬間に、もやっとした気分にさせられたのです。撮影した写真の陰影や光量といった細かな部分やそもそも全体的なカラーが気になったのです。なんといっても私自身、卒業した大学は芸術系、両親もデザインの学校を卒業し、兄弟にも写真を生業としているといった育ちのために、もはやもやっとしてしまうと「こだわらないわけにはいかない!」というスイッチが入ってしまうのです。

Androidスマホで撮影したために、「Google Play」から使いやすそうなアプリをピックアップして試しました。背景カットがスムーズにできるアプリはないか、トーンの調節ができるものはないか、インストールをして試してはアンインストールの繰り返しを続け、やっぱりこれだ!と思ったのが「Adobe Photoshop Express」と「Adobe Photoshop Lightroom cc」2つのアプリです。

無料でありながら、つややかな色合いを実現できるこのアプリは本当にお気に入りです。同じ写真を何回加工しても、納得がいかない時もあって、加工してはやり直し加工しては削除をして、気がついたら真夜中になっていたこともあるほどです。

けれど、それほどまでに夢中になれるのは2つのアプリのクオリティーが高くて、私自身が絶対に「これ!!」と思う写真を叶えられるからなのです。

最高の瞬間を、より極上にするのだと思ったら、もうやめられない、写真加工が私は大好きです。