ひろこの雑記帳

脱毛ブログにしようと思ったけどあまりにネタがないので雑記帳にしますごめんなさい

十数年前の運命の出会いからの虜。猫、そして動物たちとの触れ合いは私の心を癒してくれました。

私の大好きなもの。それは〈動物〉です。

今までの人生のなかでたくさんの動物と触れあってきたと思います。それこそ動物園にいったり水族館へ行ったり、猫カフェに行ったり、友達の家でペットと触れあったり、自宅でも飼ってきました。

かつて自宅で飼ってきた動物といえば、まずは猫です。

猫は過去から現在までで四匹ほど飼ってきました。

まず最初に飼ったのは十年より少し前に捨て猫を拾った事が理由です。

それまでは家では犬派であり猫は飼ったことがなく、どちらかというと猫は目付きも悪く「怖い」というイメージでした。

最初はそれこそ拾った子猫は爪も伸びていて、人間に怯えているのかにゃあにゃあと鳴きながら必死の形相で服をよじ登ってきて少し怖かったのを覚えています。

その扱いになれていなかったので、可愛いという気持ちと怖いという気持ちが押し寄せていたのですね。

しかし慣れていくとその可愛らしさにメロメロになりました。とにかく猫は常に私の近くにいるのです。

怖いというイメージは崩され、膝に乗ってきて甘えてくれる、寝ているとくっついてきて一緒に寝る。

こういった距離でのこれほどの触れ合いを動物とするのは私にとっては初めてだったと思います。

それまでに私が飼ったのは〈ハムスター〉そして〈犬〉でした。

ハムスターは小さい頃飼っていたためやはり怖いというイメージがあり、飼っているにも関わらずあまり触れあう事なく世話をする眺めるという行為だけで慣れさせるということがなかなかできなかったのです。

今となって思えば噛まれても触れあう事で少しでも慣れてくれたと思うのですが、その勇気が無かったのです。

しかし、回し車をカラカラと幸せそうに回しているハムスターはとても可愛らしかったです。

そして犬は祖父の家で飼っていたので、触れあう機会も多かったのですが、外で飼っていたのでやはり猫ほど触れあう、ずっとそばにいるということはなかったのです。

そんななか突然やってきた猫との出会いは私を猫の虜にしました。

初めて猫を飼ってから十年近くたって、最初に飼った兄弟の猫は二匹とも今はお空へと帰って行ってしまいましたが、今その後に出会った二匹が家にいます。

オスとメスなのですが、オスの方は結構ツンデレで普段は少しツンとしていて臆病故に気性が荒いのですが、甘えん坊でいつも私にくっついています。

そしてメス猫の方は、それこそ甘え上手という言葉がぴったりで抜けているように見えてとても頭のいい子です。

二匹とも私の大事な大事な子供のような存在です。

共に缶詰が大好きなので、毎日缶詰をあげるときに欲しがる鳴き声がとても可愛いのです。

私はやはり猫が大好きであり、虜です。