池袋ランチ

池袋ネタをひたすら語ります

銀杏BOYZのファンが銀杏BOYZのおかげでInstagramのフォロワーが増えたのに、勘違いしている

私は銀杏BOYZのファンです。

銀杏BOYZのファンはたくさんいますが、中でも嫌なのが銀杏BOYZを特集する雑誌に載った人とボーカル峯田と連絡を取り合うことができて、それを自慢してくる人。

雑誌に載った人は銀杏BOYZのファンとして掲載され、そのおかげでInstagramのフォロワーが急増。

さらにライブに行くと同じファンから声をかけられることもしばしばあるそうで、Instagramでわざわざハッシュタグをつけて「今日は15人に話しかけられました」と報告したり、インスタライブをしたり、まるで自分が人気者のような振る舞いをしてきます。また、何かと自分がすごい人のように振る舞うのが嫌でたまりません。

これとは別に、峯田と直接メール出来る人は、わざわざ峯田の返信メールを一部だけネットに晒したり、声かけたら来てくれた!とわざわざ報告したり、決してあなたがすごいわけではないのに、峯田を利用していいねやリツイートを増やそうとしている魂胆が見え見えすぎて本当に嫌になります。

純粋にファンとして楽しめばいいのに、わざわざ自慢したり、自分がすごいと勘違いする神経がわかりません。

また、銀杏BOYZが童貞臭さを残した青春ロックを演っていることもあり、男の子は童貞であることを誇りに思っているかのように話をします。30超えて童貞って相当ヤバイっていうことに気づかないものなのでしょうか。

ただモテないというだけであって、童貞は誇れるものではないと女子目線では思います。

メンヘラも多く、自分がメンヘラであることをわざわざひけらかしたり、いつかメンヘラが治ったら峯田と対バンしたいとか言ったり、いつかアルバム出したいと言ったり、いつかの話ばかりで全く具体的な目標を立てていないことにもイライラします。そんな夢ばかり見ていて、40手前でニートでメンヘラはヤバイのに、気づいてないのも嫌です。

銀杏BOYZの歌は歌詞が素晴らしいのですが、わざわざ歌詞をツイートしたり、自分が作った曲にパクったりするのも嫌です。自分で言葉考えられないのか?って思います。尊敬してるのはわかるけれど、人の言葉をパクるんでなく、自分の言葉としてきちんと発信すればいいのにといつも思います。

銀杏BOYZを利用したSNSでのいいねやリツイート稼ぎにはほとほと嫌気がさしています。

純粋にファンとなれないのであれば、こういう風に利用できるから銀杏BOYZが好きだと書けばいいとすら思います。純粋なファンはいい加減にしてほしいといつも思っています。