池袋ランチ

池袋ネタをひたすら語ります

ブラックバズ釣りの魅力が沢山あるので、釣りをした事の無い方でも日々の変化を楽しんでみて下さい

〈趣味は釣り、始めたきっかけ。〉

茨城県に住んでいて、小学生の頃からブラックバズ釣りにハマっています。

田舎なので自然で遊ぶ遊びが多くなり、釣りが好きだったのですが、その時期に、丁度バズ釣りがブームになり茨城県の潮来釣り具センターが有名になったので、良く通っていました。

〈道具〉

道具は、リール、竿、ルアーを揃えました。

今までは、ウキ釣りしかしていなかったので、海外から入ってきたルアーやリールがとてもかっこよく見えました。

始めた頃は、お金も無かったので、数千円のリール•竿•ルアーのセットを購入しました。

〈バズ釣りの魅力〉

バズ釣りは、今までのウキ釣りとは違い、その場で魚が掛かるのを待つのではなく、自分で居そうな場所を見つけてどんどん場所を移動していく釣りなので、飽きませんでした。

その他にも、その日の天候や水温、時間などで魚の居場所が変わるので、その場所を予測して、そこのポイントに合ったルアーを選び釣りをします。

それで自分の選んだルアーで釣れたら最高です。

〈茨城県の釣り場〉

茨城県には、釣り場が沢山あります。

有名な所では、日本で琵琶湖に次いで2番目に大きい湖、霞ヶ浦、その隣にある北浦、千葉県との県境にある利根川など全国から釣りに来る人達も少なくありません。

この3つの有名なスポット以外にも、茨城県には数多くの野池や水路や川が点在しております、

ブラックバズは一度釣られたり、人の気配があったりすると、警戒心が強く、ルアーを食べてくれなくなってしまいます。

なので、人気スポットの霞ヶ浦、北浦、利根川のブラックバズは、警戒心が強く釣る事が難しいと言われています。

なので、昔から野池探しや、誰も見つけていないような川や水路を探して、自分だけの釣れるスポットを探すのも、ブラックバズ釣りの楽しみの一つです。

〈手作りのルアーも釣りの楽しみの〉

ブラックバズ釣りは疑似餌のルアーを使うのですが、器用な人は、木を削り自分の好きな形と大きさにして、色などにこだわり、世界に一つだけのルアーを作っていました。

自分の作ったルアーで釣れたら最高の思い出になります。

〈大きさを競う〉

ブラックバズは大きくなる魚なので、大きな物では60センチを超えるものが存在します。

大会などでは重さを競ったりしているので自分の記録を更新することも楽しいと思います。

もちろん大会も定期的に行なわれております。ボートで釣るグループ、陸から釣るグループなどに分かれてそれぞれ競います。

頭も身体も使う釣りなのでとても楽しいと思います。