ひろこの雑記帳

脱毛ブログにしようと思ったけどあまりにネタがないので雑記帳にしますごめんなさい

〈地獄のサイクリングをする。それは運動不足だから。そのサイクリングに使うのはクルマに積める折り畳み自転車〉

運動不足なので、サイクリングをしようと決意。

どんな、自転車を買おうか迷った。

自宅周辺以外でもサイクリングをしたいから、クルマに積めることができる、折り畳み自転車を購入。

折り畳み自転車は、壊れやすいかと心配したけど、評判などを聞くと、最近の折り畳み自転車は、壊れないということ。

そして、ギヤも6段で、スピードもママチャリ以上出るということで、折り畳み自転車に決定。

本当は、26インチくらいのクロスバイクを購入したかったが、クルマが小さく、折り畳み自転車くらいしか、積むことができなかった。

折り畳み自転車は、20インチで、私の小さなクルマでも、余裕で積むことができた。

平日は仕事で、夜しかサイクリングできない。

土日の休日は、自宅周辺でサイクリングするのも退屈だから、クルマで30分くらいかかる、河川敷でサイクリングをした。

折り畳み自転車は、丈夫で、普通のママチャリ以上に走ることでき、とても満足した。

土日の休日は、平日とは違う、サイクリングを味わうことができた。

私がサイクリングしている河川敷は、しっかりと舗装されており、サイクリングする環境にとても適していた。

坂もなく、とても走りやすかった。

川の流れる音も聞こえ、適度な汗をかくことができ、とても癒された。

休日に、いつもの河川敷へ自転車を積み、クルマを走らせた。

とても風が強く、サイクリング日和ではなかった。

クルマから、自転車を降ろした。

向かい風を先に選ぶべきか、それとも追い風か?

向かい風を自転車でこぐのは、とてもキツい。

先に追い風を選んだ。

楽な方を先に選んだのだ。

風が強い追い風だったので、とても楽で、スピードもぐんぐんでた。

調子にのって、二、三時間、ずっと走っていた。

そろそろ、折り返そうとクルマのほうへ、戻った。

向かい風である。

かなりの距離を走ってしまったらしく、なかなかクルマにたどり着かない。

へダルが重く、全然スピードも出ない。

距離が稼げない。

絶望感を感じた。

調子に乗りすぎた。

向かい風のキツさをわかっていながら、追い風の時に、かなりの距離を走ってしまったのだ。

三十分も経たないうちに、足がパンパンになった。

しかし、運動不足なので、妥協したくなかった。

低速ギヤにして、シャリシャリと無心にペダルをこいだ。

行きはヨイヨイ、帰りは地獄。

帰りは何時間かかっただろう。

四時間くらいは、かかったかもしれない。

正確な時間を測っていないが、そのくらいだろう。

クルマに到着した。

フラフラになりながら、一時間くらい、クルマの中で爆睡してしまった。

帰りのクルマの運転が、足の感覚がおかしく、とても大変だった。