池袋ランチ

池袋ネタをひたすら語ります

エステ脱毛と医療脱毛の違い 〜えっ、こんなに効果も痛みも違うの?!もっと早く知っておきたかった!!〜

 

<私の悩み ~あ~!!なんとかしたい!!~>

私の悩みは、口周りと頬における髭がとても濃いことでした。

高校生の時から濃くなってきてしまい、気がついたタイミングで毛を抜いておりました。

 

痛い割に肌は荒れますので、本来はやらない方が良かったのでしょうが、知識もお金もなかった当時の私はこうするしかなかったのです。

 

彼女とのデート、友人と写真を撮る際等々、日常生活でも気になることが多くなってきた大学生の頃、「この髭がなくなれば良い」と思うようになってきました。

 

「爽やかに見られたい!」

「若く見られたい!」

やっぱりこんな風に思ってしましますので・・

 

 

<いざ、知人のエステ脱毛へ! ~マジで痛い・・泣~>

さて、社会人になって23年目の頃、私の周りで髭脱毛が流行っておりました。

友人たちの顔がやたらスベスベしているのです笑

 

話を聞いてみると、「髭脱毛を始めたんだよね。ただめちゃ痛いよ・・」とのこと。

 

また値段も安くはない(15000円程度)とのことでしたので、私も通うか何度も何度も迷いました。

 

しかし、鏡を見る度に自分の顔についている髭をどうしても好きになれず、私は大きな決心をしました。

 

「髭脱毛をして、顔ツルツルにする!」と。

 

友人に紹介いただき、初のエステ脱毛へ。

(個人経営のため、店名はございませんでした。)

 

場所は町田でしたので、都内在住の私からすると、通うのに一苦労。時間潰しをしながら、向かいました。

 

初のエステ脱毛に緊張しながら、店舗を訪れると、知人のお姉さんがいらっしゃり、簡単な問診後、早速施術を行っていただきました。

 

顔に冷たいジェルをたっぷり塗り、いざ施術スタート。

 

「バチン!!」

 

はい、初めの1発で悶絶しました。

想像以上の痛さです泣

 

「何分くらい続きますか・・?」

「う~ん、15分くらいかな」

「・・・・」

 

何とか15分耐え、施術後に炎症止めのクリームを塗っていただき、代金を支払い、その日は終了です。

 

顔は真っ赤になりましたが、耐えれないこともないと思い、私は施術を続けようと思いました。

 

その後、2ヶ月に1度のペースで5回ほど通い続けました・・!

 

時には、毛膿炎を発症したり、泥棒髭に悩んだりと見えぬ悩みが次々に出てきたように記憶しております。

特に脱毛後1週間は髭が剃りにくく、髭を生やしたまま職場へ行かねばならぬ、大変苦心しました。(マスクを着用しましたが、夏場のマスクは違和感あります。)

 

1年通いましたが、なかなか髭は減らず、この先どうしようかと悩んでいたところ、別の友人から医療脱毛の話を聞くことになり、新たなステップへ向かうことになります。

 

 

<遂に医療脱毛へ! ~これはすごい!!~>

そんな流れで、医療脱毛について検索し、早速予約を取りました。

 

私の運命の場所となるのは・・

「湘南美容外科」新宿レーザー院でした!

 

決め手はメディオスターという器具があったことに尽きます。

従来の脱毛器具と比べ、痛みは1/5程度(個人的感覚)ですし、髭の毛根を破壊することで髭の育成を止めるという新たな技術に魅力を感じました。

 

また以前気になっておりました泥棒髭にもなりにくく、私にとっては理想の脱毛器具でした。

 

早速、施術を開始いただきましたが・・

 

「え、何も感じない・・」

「余裕で耐えることができる」

 

率直にこんな感想を抱きました。

 

1年の脱毛で髭が多少薄くなっていたこともあるかと思いますが、ほぼ痛みを感じることなく、施術を終えることができました。

 

施術時間も78分と約半分でしたので、苦痛レベルは1/10かと感じております。

 

さらに、湘南美容外科では複数回のコース料金があり、時折キャンペーンが実施され、非常にお得な価格で施術を受けることができます。

 

施術を受け1年ほど経ちますが、ほぼ髭はなくなり、大満足の結果となりました。

 

 

<これから・・ ~手足の脱毛にも興味あり?!~>

髭の脱毛はほぼ終えましたので、今後は手足の脱毛(主に指)をやってみたいなと思っております。

 

メディオスターであれば、安心感もありますので、躊躇なく施術を受けることができるかなと思っております。

 

脱毛することで、毎日の髭剃りも不要となり、時間を有効に使うことができるようになり、人生の満足度も増したように思いました。