池袋ランチ

池袋ネタをひたすら語ります

40代で全身脱毛したのには理由がある【必見】ミュゼで全身脱毛してみてわかったこと教えます!

 

もっと早くに脱毛していればなと、今切実に思っています。私が若いころには、今のようなレーザー脱毛はなくて、針に電気を流して毛を11本脱毛するという方法でした。そのため、時間もかかりましたし、なにより痛かったので、なかなか全身脱毛ってできなかったのです。しかも、私はあまり体毛が濃いほうではく、なかなかサロンでの脱毛に踏み切れなかったという事情がありました。でも、毛の濃さって関係ないです!ムダ毛はムダ毛。私の全身脱毛お話しします。

 

 

【そんなに濃くないのに脱毛すべき?】

 

レーザー脱毛ができはじめたのは、私が30代のころではなかったかと思います。興味はあるけど、今更という気がしていました。それに、ワキ毛もちょろっとしか生えていないのにするべきかどうか悩んでいました。その頃って、まだ子どもも小さくて、忙しかったのも事実です。そんなある日、子どもづれでママ友たちとプールへ行くことになりました。で、私、忘れてしまっていたんです。ワキ毛の処理。久しぶりの水着だからって、まさかと思われるかもしれませんけど、子育てって本当に、そういう女としての最低限の身だしなみも忘れさせるほどの、おっそろしい地獄的忙しさなんです。だから、もし今、脱毛を悩んでいる人がいたら、もー絶対におすすめします。脱毛は一刻も早くするほうがいいです!

 

 

【歳をとったからもう脱毛しなくてもいい?】

 

いくらちょっとしか生えていないからって、プールにワキ毛の処理を忘れて行った私は、毛を上げないように必死で頑張りました。幸い、ほんとうにちょっとしか生えていないので、誰にも気づかれませんでしたが、自分の恥ずかしさはどうしようもありませんでした。それでも、子どもが小さいうちは、なかなか機会にもめぐまれずなんだかんだで10年くらいたったでしょうか。友だちに脱毛のことを相談してみたんです。その友人は介護の仕事をしているのですが、自分が歳とって介護される立場になったときのことを考えてごらんって言うのです。だれかに、下の世話をしてもらうときに、あそこの毛がボーボーだったら、臭うんだよって。毛が多い人と、少ない人とでは、ぜんぜんおむつ替えのときの臭いが違うらしいです。介護職ならではの意見に、私もそれもそうだと思いました。

 

 

【多い少ないの問題ではなく脱毛はするべき!】

 

女性のライフサイクルを考えてみると、ずっと女としての意識を保てる時間ばかりではありません。そんな中で、できる時に、できるうちに脱毛をしておくのは、女性として最低限必要なことと私は考えるようになりました。そこで、脱毛をしようと思い、いろいろと探して「ミュゼ」の広告に目が留まりました。

 

 

【本当に勧誘しないのかな「ミュゼ」】

 

ここの広告に目が留まったのは、「勧誘しません」の文字でした。サロンって、脱毛にかかわらず色々と勧誘されるのが嫌なんですよね。で、「勧誘しません」の文字と、お試しの安さにびっくりしてカウンセリングだけでも受けようと思いました。私は通いやすさを考えて心斎橋のお店にしました。「ミュゼ」は全店、どこでもコースを受けられるみたいなので、そういう面でも、チェーン店は良いなと思いました。予約が希望通りとれなかったら困りますからね。で、実際、カウンセリングを受けてみたんですけど、本当に勧誘しないんですね。これには驚きました。お試しだけでも良いということだったので、お試しのコース「ワキ毛最後の1本まで脱毛し放題で500円」っていうのにだけ申し込みました。

 

 

【「ミュゼ」で実際に施術してみた結果】

カウンセリングの人も丁寧で、親切でしたが、施術してくれる人も、本当に丁寧でした。お部屋もいい感じで、プライバシーも保たれていました。お部屋で服を着替えて施術してもらいます。ロッカーも用意されていて鍵もありました。毛はあらかじめ剃っていかないといけません。なんか塗られて、パチパチって光をあてられて、すぐに終わります。ワキ毛だけだたので早かったです。私は少ないので、すぐに終わるかと思ったのですが、少なくても多くても毛周期があるので、結局同じくらいかかるんだそうで、8回くらい通ったでしょうか。今は、すっかりなくなっています。で、感じがよかったので、結局、全身脱毛をお願いすることにしました。VIOラインもお願いしました。正直、恥ずかしいですが、ちゃんと配慮して見えないようにしながらやってくれるのでいつの間にか慣れてしまいますね。私は、Oラインはなかったので、そちらの痛みはわかりませんが、正直、Iラインだけは痛かったです。でも、今は、ムダ毛処理から解放されて、本当にやっておいてよかったと思います。